FC2ブログ
オナホールとは「オナニーホール」の略
男性がオナニーに使うグッズ「オナホール」。究極のオナホールを探して旅にでます。オナホールの購入方法、お手入れ、種類の紹介や、快適なオナニー生活を送るためのアダルトグッズやアダルト画像・動画情報満載。
スポンサーサイト
--年--月--日 (--) --:-- | 編集
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気エアダッチワイフとオナホのチョイス
2008年07月08日 (火) 01:27 | 編集
ラブボディーRisa

ラブボディー ラブボディーとダッチワイフって違いがあるんでしょうか?ラブボディーってそもその商品名?!まぁ、エアーダッチの超人気なラブボディーRisaちゃんにマッチするアイテムを集めてみました(笑)私の好みでラブボディーRisaに合いそうなアイテムを選びました。個人的オナニーです。 ところでラブボディーRisaのご紹介です。
6000万人の男性が愛して止まないラブボディー新作のご紹介です。新商品”Risa”は太ももがついたことで性具としての実用性が増し、正上位・後背位ともにリアルな使用感を楽しんでいただけます。ボディーラインは更に美しくなり、女性が憧れるスーパーモデル体型の領域まで踏み込んだ進化を実現しました。特にご指摘の多かったヒップラインは意識して改良したようで、綺麗なお尻の割れ目が印象的です。これまでの2作は「綺麗・美しい」と女性像を追求していたのに対し、今作は「卑猥・ソソる」といった美にアダルト的感性を盛り込んだ格好で、間違いなくこれまでのドール商品を凌駕する商品でしょう。他にもオナホール穴の位置や空気口の見直しなど細かい改良が施され、ラブボディー伝説は今後も続きそうです。

ラブボディーRisaの詳細はこちら

スクールギャル3

スクールギャル3 エアダッチを購入するならやっぱりコスチュームも必要ですよね。だって、透明のビニールでオナニーも物足りないし。でも、ダッチとオナホでオナニーしている時に親には見られたくないもんです。ご紹介のコスチュームは、人気のスクールギャルです。妥当な選択でしょ?!「爽やかな風が似合いそうな夏のスクール姿。清楚さといたずらな小悪魔さがフュージョンする必須アイテム」ということらしいです。スクール水着とかもいいと思ったんですがオナニー時に脱がさなければいけないのでこれをチョイス。

スクールギャル3の詳細はこちら

ファッションニップル

ファッションニップル エアダッチをもっとリアルにするべく、ファッションニップルのご紹介です。ラブボディーRisaと同時購入するオナニーユーザーも結構いてます。コスチュームの上からおっぱいを揉んだときの感触を考えただけでも素敵すぎる。あぁ、こんなことだからセックスよりオナニーがいいって思ってしまうんだろうな。「服の上から乳首」といえばテニス選手のシャラポワがまずは連想されますが、ブラジルを中心に、海外では乳首がキュートでセクシーであり、隠すのではなく見せる乳首シルエットが当たり前との事。 ブラジル雑誌の広告に、乳首の所だけ穴が空いたブラジャーが載っていました。これも、乳首が立っている方がキュートだからなのでしょうね。 装着は外側を反らせてから乳首に当ててフィットさせるだけ。お手入れも説明書き通りにすれば十分長持ちします。 素材はシリコンで、肌にも優しく自然な感触です。シールや粘着物でつけるのではない為、面倒な事がありません。 ケース裏面にお手入れ方法~使用上の注意~つけ方~外し方と親切に説明書きもあり。 女の子はファッションアイテムとして、ドレスアップに、フェロモンアップに、あるいは男性の女装アイテム、ドラッグクイーンなどにもおすすめしたいですね。 ラブボディシリーズなどのダッチ人形への貼り付けにもある程度対応し、服を着せてリアルに楽しむのにもおすすめしたい点。 勿論脱がせてツンツンいじっても二度美味しいですよ。

ファッションニップルの詳細はこちら

ラブボディーRisa専用ホール

ラブボディーRisa専用ホール 最後はやっぱりオナホールですね。無難にラブボディーRisa専用ホールをチョイス。口コミではラブボディーRisaでいろいろなオナホが活躍中ですが、エアダッチ初心者には専用ホールがいいですよね・・・。ここからいろいろなオナホを試していくのが面白いし。一日100体売れるスーパーヒット商品”ラブボディーRisa”の専用ホールです。Risa本体の発売から半年近く遅れてしまいましたが、ようやくお披露目することができました。シリーズすべてが他社ホールも利用できますが専用設計はやっぱり見た目のフィット感が抜群に違ってきます。大きく張り出た大陰唇部分がRisaのホール口に密着し、他のホールでは作れない自然な感じがあります。しかししかし、ホール単体の機能としてはホール設計の中でもかなり硬い部類でありまして、最近のまったり系を好む傾向の中では特殊なホールと言えそうです。ラブドールもホールも始めて買う方には悪くない組み合わせですが、自分がまったり好きであることを分かっている方にはスルーされたほうが無難かと思います。ホールそのものは臭いもオイリー感も少ない良い素材をつかっていますので、硬度を変えたソフト志向とか超まったりみたいな選択肢が欲しかったですね。

トラックバック
この記事のトラックバックURL
この記事へのトラックバック
Powered by .
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。